Vocal & Piano Concert

柔らかな春の小雨にしっとりとした午後、「Vocal & Piano Concert」が開演しました。

(開演のごあいさつ:谷河 由佳先生)

 

歌やピアノ独奏などのプログラムに彩られたコンサートは、『だれもいそがない村』(寺島尚彦/作曲)で始まりました。

(とても優しく懐かしい歌で、いろんな情景がゆっくりと、そのまんま、かげぼうしになる村のはなしです)

 

(『ああ、私のやさしい熱情が』グルックのオペラ「パーリデとエレーナ」で歌われるアリアです)

 

(40代半ばで亡くなった作曲家 橋本國彦の最後の作品『アカシアの花』)

 

(2011年放送NHK「おひさま」主題歌『おひさま 大切なあなたへ』)

 

ピアノ独奏が登場しました。

米津玄師といえば、2020年応援ソングプロジェクトに参加。小学生5人によるユニット「Foorin」の楽曲「パプリカ」をプロデュース。2018年の第69回NHK紅白歌合戦に『Lemon』を披露したので、ご存じの方も多いことでしょう。

(米津玄師『Lemon』:2018、2019年を代表するロングヒット曲です)

 

ロイド・ウェバーといえば、まず思い浮かぶのが、この曲『メモリー』かもしれませんね。

彼が作曲を手がけたミュージカル「Cats」の中で、最高に盛り上がるシーンで歌われています。2020年、長編映画化され日本で公開されています。

(『メモリー』ロイド・ウェバー) 

 

第1部最後は、オペラ「ファウスト」より『宝石の歌』です。

この歌をはじめ、第5幕でのバレエ音楽は非常に有名なので、聞き覚えがあることでしょう。

 

第2部は、日本歌曲『九十九里浜』で開演。

(「♪わだつみの太平洋に まむかいて 砂浜白し 九十九里なり」九十九里浜で眺めた情景を心を込めて綴った作品です)

 

(『私の愛の日々』ドナウディーの歌曲。甘く溶けるような美しいメロディの曲です)

 

(『All things bright and beautiful』…「素晴らしきものすべてを」:日本でも人気のジョン・ルッターの作品に、より親しみが持てるようにと日本語の歌詞がついているものもあります)

 

(『鷗/かもめ』は三好達治の詩集「砂の砦」(昭和21年)に所蔵されています。タイトルは「鷗」なのですが、歌詞に"鷗"という言葉は見当たりません)

 

後半にもピアノ独奏がありました。

ショパン「ワルツ第10番」です。ショパンが19歳、1829年に作曲されたワルツです。

(第9番「別れのワルツ」と並び、美しいメロディーと感傷的な曲想の作品です)

 

1947年、中田喜直が作曲家としてデビューした年に作曲された一つが『すずしきうなじ』です。

(昭和を代表する作曲家 中田喜直がデビューした年に書かれた作品で、三好達治の詩による一連の歌曲の一つです)

 

(『今の歌声は』イタリアの作曲家、ロッシーニのオペラ「セビリアの理髪師」で歌われます)

 

フィナーレは、ウィンナ・オペレッタの金字塔とされている『メリーウィドーワルツ』を出演者全員で歌って華やかに終演。

(指導:谷河 由佳先生・前本 裕子先生 伴奏:谷河 恵美先生 司会:廣瀬千尋さん)

コメント