愉しいリコーダーの世界!

マンスリー以外では今年初めてのホール主催コンサート・・・メインはリコーダー。

 

(北山隆リコーダーコンサート「いろんなソナチネ」)

 

開演までに、ホール併設のサロンで、北山隆さん考案の「楽しい笛」をご本人指導の下、来場の皆さんと作りました。

 

(サロンは開演までの間の談笑や、休憩時間に寛くつろぐスペースです)

 

誰が作っても失敗することのない、柔らかな音色の笛ができ上がり、あちらこちらからカッコーの鳴き声や親しみのある歌が聞こえてきます。

 

 

コンサート1曲目、R.Carr「イタリア風グラウンドによるディヴィジョン」が始まると、ホールの空気は一気にバロック時代に遡さかのぼります。

 

 

演奏の合間のトークも北山さんのコンサートの楽しみの一つです。

 

 

 

プログラムには載っていなかった、クープラン「愛のうぐいす」の演奏もあり、リコーダーの魅力あふれる盛りだくさんのコンサート。

 

 

 

(ピアノ:佐藤亜衣さん)

 

「いろんなソナチネ」のプログラムには、作曲家・林光さんが中学生時代に作曲された「ソナチネ」もありました。

YOSHUホールの漆喰の壁に映る影を眺めながら聴いているうちに、リコーダーの世界に惹き込まれていきます。

 

(ソプラノリコーダーソロの演奏。ホールの壁には影が揺れて…。)

 

アンコール?!

 

(自作の「楽しい笛」で熱演!)

 

作りたての「笛」で、『ゲゲゲの鬼太郎』を演奏され、2時間に及ぶコンサートが終演!

次回は10月。さてどんな続きが待っているのでしょうか。今から楽しみです。

 

 

1