RTG-Gambalde Trio コンサート 

同じ音楽大学出身の3人組…RTGーGambalde Trio が「4月マンスリーコンサート」でした。

RTGとは、3種類の楽器、Recorder(リコーダー)、Tuba(テューバ)、そしてGuitar(ギター)…それぞれのイニシャルからとったものです。

珍しい編成での演奏は、とても楽しいコンサートになりました。

(RTGーGambalde Trio:“ガンバルデ”というのは、大阪弁の「頑張るで」だそうです)

 

プログラム1曲目は『荒れた庭』。

曲名を聞いても思い当たらないかもしれませんが、ジブリ映画のファンだった、フランスのシンガーソングライター、セシル・コルベルが担当した「借りぐらしのアリエッティ」の挿入歌です。映画では、オープニングなどに使われていました。

(リコーダー:福盛邦彦さん。数種類のリコーダーを曲に合わせて吹き分けていました)

2曲目もアイリッシュの音楽で、ターロック・オキャロラン作曲の『シーベグ・シーモア』。

作曲者のオキャロランは「アイルランド最後の吟遊詩人」と称されていて、この曲は彼の代表的なものだそうで、R、T、それにGの組み合わせから生まれるサウンドは聴いていてとても癒やされました。

(テューバ:河原清士朗さん ギター:今村隆之さん)

「ちょっとカッコいい曲も演奏できるのです」という河原さんのMCで『エスパーニャ・カーニ』。

スペインの闘牛場で用いられていた曲で、誰もが闘牛士が赤いフランネル製の布を振って牛に向かっている姿を思い浮かべたことでしょう。

 

続いては、ベネズエラのアルパ奏者ブランコの演奏で世界的に大ヒットした曲『コーヒー・ルンバ』。

日本では、1960年代初頭に西田佐知子やザ・ピーナッツらによって歌われ親しまれてきました。

今回は、RTGオリジナルのうきうきするような演奏でした。

ここであらためて自己紹介!

(リコーダーの講習会が忙しく、声が出し辛いとか…リコーダー:福盛邦彦さん)  

 

(待望の第一子誕生でパパに…ギター:今村隆之さん)

 

(「緊張しますね…」と言いながら、なんだか余裕のあるポーズの河原さん:テューバ)

 

2003年WEBで公開された映像作品「或る旅人の日記」オリジナルサウンドトラックに収録された一曲…『光ノトキ』。ここで、テューバをオカリナに持ち替えて…

(オカリナ:河原さん〔中央〕)

リコーダーがメロディー、ギターが和音、そしてテューバが低音を受け持つというスタイルからは、ジャンルを超えたレパートリーがたくさん生まれるそうです。

次の演奏はNHK“みんなのうた”に登場した『PoPo Loouise』です。

オリジナルは、栗コーダーカルテットと歌手UA(ウーア)のコラボによる、美しくも切ない吟遊詩です。

 

 

映画音楽から『ニュー・シネマ・パラダイス』からメドレー。音楽担当はよく知られたエンニオ・モリコーネです。各楽器のソロ演奏をたっぷり聴くことができました。

「いよいよプログラム最後の曲です…」を何度か繰り返すMCの後に紹介されたのが、スペイン組曲より、民俗舞踊『セビリャーナス』。

 

演奏前のMCの効果もあり?アンコール!

ジャンルを超えた選曲はここでも…「世界名作劇場」で放映されたテレビアニメ作品「ロミオの青い空」の主題歌『空へ』。

「我々、クラシック専攻の3人組なので…」というMCで紹介されたアンコール2曲目は、フランスの古い民族楽器タンブーランに由来する『タンブーラン』。

 

RTGーGambalde Trio の3人はグループ名通り、“頑張って“ 演奏してくださいました。

“音楽の翼”コンサート

昨日のリハーサルに続き、「音楽の翼コンサート」が開かれました。

出演は、毎月レッスンに励んでおられる皆さんです。

開演に先立ち、「音楽の翼」指導者の堀江秀一先生からのご挨拶です。

 

最年少の小学生の歌で開演。

いのちのつながり、人の温もり、生への感謝を謳った歌詞を優しい旋律にのせた、NHK朝の連続テレビ小説「だんだん」の劇中歌です。

(『いのちの歌』他)

 

(コンサートを通してピアノを弾いておられる 堀江恵先生)

 

(『ああ愛する人の』ドナウディ作曲 他)

 

ミュージカル「キャッツ」の代表的ナンバーで、誰もが聴いたことがある世界的大ヒット曲…

2曲目になると余裕の笑顔で歌われました。

(ミュージカル「キャッツ」より『メモリー』他)

 

♪この街に降り積もってく 真っ白な雪の華

二人の胸にそっと想い出を描くよ

これからもキミとずっと…

(『雪の華』他)

 

プログラムに『Sogno』と書かれた曲名は、有名なイタリアの作曲家「トスティ」の歌曲です。

(夢の中での恋人とのやりとりを、美しい旋律にのせて…『Sogno』他)

 

(軽井沢の自然を愛した野上彰の詩に、小林秀雄が曲をつけた『落葉松(からまつ)』他)

 

(『O mio Fernando(私のフェルナンド)』ドニゼッティ:オペラ「ファヴォリータ」より 他)

 

松田聖子の楽曲の中でも、特に人気の高い曲の一つ…『瑠璃色の地球』。

曲のもつ雰囲気をまとっているかのように歌われます。

(『瑠璃色の地球』他)

 

(♪回るこの地球に生まれて 私は幸福です 悲しいときもあなたと共に 遙かな望みを抱いて…『この地球に生まれて』他)

 

第1部の最後は、『サンタ・ルチア』などと並んで有名なカンツォーネ

(『O sole mio(私の太陽)』)

 

数分の休憩をはさんで、第2部はデュエットで開演。

(ご夫婦でダンスを踊りながら…『メリーウィドウ』)

 

続いてもデュエットです。

(レオ・ドリーブ:オペラ「ラクメ」より『花の二重唱』)

 

(「オペラ座の怪人」より『Think of me』他)

 

(『日記帳』小林秀雄/藤田圭雄 他)

 

(『今 帰ろう』みながわちかこ:詞・曲 他)

2009年から2011年にかけて放送された司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」NHKスペシャルドラマ主題歌。

(『Stand Alone』久石譲:作曲)

 

聴き慣れたメロディーは“きらきら星”…

(モーツァルトの主題(お母さん聞いて)による変奏曲)

 

(イタリアのラブソング『彼女に告げて』他)

 

指導者の堀江先生の登場です。

(モーツァルト『ドンジョバンニ』より)

コンサート最後にふさわしい?!「愛し合う二人の旅立ちの歌」…『Time To Say Goodbye』で終演。

 

横山佳代子 ピアノリサイタル

数日後に控えたリサイタルのリハーサルが行われました。

 

(横山佳代子さん)

 

プログラムは、ベートーヴェン自身による主題を用いた『創作主題による6つの変奏曲』、シューマン『謝肉祭op.9』、ショパンのソナタなど。

シューマン『謝肉祭』には「4つの音符による面白い情景」との副題がついています。

彼が恋をした女性の生まれ故郷の地名を音名に読み替え、20曲の中に散りばめたところから、この副題がついたという興味深い作品です。

ショパン『ソナタ第3番』(op.58)は、ショパンの旋律の中でも特に美しいとされる楽章や、ショパンの『熱情』と称される楽章、また邦人のピアノソロのための作品など、サブタイトルどおり、古典派から現代曲までの作品を味わうことができるリサイタルです。

私のお気に入りのホール『兵庫県立芸術文化センター(通称:芸文)神戸女学院小ホール』で、皆様のお越しをお待ちしています。

(「横山佳代子 ピアノリサイタル」)

トランペットデュオコンサート

 

(プログラム表紙より)

 

この可愛いネーミング…睫擴算(ねね)さんと津田ののさんの名前から名付けられた「トランペットデュオコンサート」が開演!

オープニングにぴったりの『2本のオーボエのための協奏曲ニ長調』(T.アルビノーニ)でコンサートが始まりました。

(睫擴算ねねさん 津田ののさん  ピアノ:中桐綾奈さん)

 

(『ロンドンデリーの歌』津田ののさん 中桐綾奈さん)

ヴァイオリン協奏曲から編曲された『トランペット協奏曲ニ長調』(G.タルティーニ)から第1楽章

(睫擴算劼気鵝|羔涌銃爐ん)

 

続いてピアノ・ソロ演奏に移ります。

"ねねとのの"コンサートに出演するにあたって、ふさわしい曲は…と選曲された2曲を続けて演奏。

(シューマン「子供の情景」より『見知らぬ国から』ピアノ:中桐綾奈さん)

 

(ドビュッシーらしい透明感あふれる『亜麻色の髪の乙女』)

 

前半最後のプログラムは"ねねとのの"のデュエットです。

(H.L.クラーク『サイド・パートナーズ』 津田ののさん 睫擴算劼気鵝|羔涌銃爐気鵝

 

後半は、『オーシャンゼリゼ』をリコーダーとタンブリンで演奏しながら入場!

(ピアノ:中桐綾奈さん タンブリン:睫擴算劼気鵝.螢魁璽澄次津田ののさん)

 

(ピアノの細かい音符の上を滑るようにトランペットの旋律が…F.プーランク『エッフェル塔ポルカ』)

 

ピアノソロ演奏は、3連符と8分音符が交互にアラベスク模様を織りなすようなアルペジオの美しい旋律…。

(C.ドビュッシー『アラベスク第1番』 中桐綾奈さん)

 

アンサンブルの授業で「"ねねとのの"っていいね!二人でコンサートをすれば…」という周りの声が、今日のコンサートになりました…軽妙なトークで盛り上がります。

(ねね〔右〕と、のの〔左〕 ピアノ:中桐綾奈さん)

(M.ラヴェル『亡き王女のためのパヴァーヌ』)

 

プログラム最後は、きらめくような現代曲から。

(E.モラレス『2本のトランペットのための協奏曲』)

 

最後のプログラムを終えて、ホッとした表情の"ねねとのの"。

(中桐綾奈さん 睫擴算劼気鵝…電弔里里気)

 

鳴り止まない拍手に応えてアンコール!

コンサート最後まで楽しませてくれた、"ねねとのの"トランペットデュオコンサートでした。

ピアノ演奏を含めたセミナー開講

「The Triangler Program」肉体・思考・波動エネルギーのトライアングルアプローチで人生を変えるというセミナーが行われました。

(ナビゲーターの方からのごあいさつで開講しました)

 

講師の方のピアノ生演奏を聴く場面がありました。

 

バランスの良い栄養素を摂ることによって、体調が良くなった…など栄養素について詳しく説明され、講師の方の体験談が語られました。

(自分の写真を見せながら経験談を話す講師先生)

参加者の方々は話を聞きながら、頷かれたり、返事をされたりと真剣に聴き入っている様子でした。

短い休憩をはさんで3時間のセミナーが、昼夜2講演行われました。

待永 望 退任記念演奏会に向けて…

永年勤められた大阪芸術大学を退任する待永望教授の「退任記念演奏会」の日が近づき、ピアノとの音合わせがYOSHUホールで行われました。

(フルート:待永望先生 ピアノ:松尾京子さん)

 

以前、待永先生は当ホールで行われた教え子達のコンサート「Flute Concert Trio & Quartetto」に出演されました。

(2018.12/09 Flute Concert Trio & Quartetto にて:Photo by T.Hirashima)

今回の退任記念演奏会のプログラムには、20世紀のフルートソナタの最高傑作と評される、プーランク「フルートソナタ」をはじめ、郷愁をおぼえるドップラー作曲「ハンガリー田園幻想曲」。

さらに、山田耕筰の室内楽曲「『この道』を主題とせる変奏曲」など、退任記念にふさわしい曲目が並んでいます。

午後1時に始まった音合わせは、午後5時まで休憩なく続けられました。

(中学2年生で始めて手にしたフルート…何よりも大好きな楽器なのだそうです)

 

(「待永先生と合わせていると"ひらめく瞬間"があって、とても楽しいです。」:松尾京子さん)

 

(1曲1曲、途中で演奏を止めながら、綿密な打ち合わせが行われていました)

 

退任記念演奏会は、4月28日(日)午後2時開演。

会場は「LICはびきのホールM」です。

〔チケット取り扱い〕

(株)ドルチェ楽器 大阪店

TEL:06−6377−1117

 

ヴァチカン国際音楽祭2019

2013年西本智実&イルミナートフィルハーモニーオーケストラ&イルミナート合唱団が「ヴァチカン国際音楽祭」に初めて招聘されてから連続6年・・・7年目の今年もホストオーケストラとして「第九」を演奏します。

それに伴い、音楽祭に出演するイルミナートヴァチカン合唱団に応募された方は、それぞれ、東京、名古屋、大阪の各会場において練習を開始しています。

9月14日には、サン ピエトロ大聖堂で教皇代理ミサが行われ、モーツァルト『戴冠式ミサ』(K.317)全曲など、また、15日には、サン パオロ大聖堂での「ヴァチカン国際音楽祭2019」で、ベートーヴェン『交響曲第九番』を演奏いたします。

(「ヴァチカン国際音楽祭」が行われる、サン パオロ大聖堂:ヴァチカン国際音楽祭フライヤーより転載)

 

関西拠点会場はYOSHUホールで、月に4回集まり練習しています。

2月から始まり、今日で7回目になる練習の様子をご紹介しましょう。

定刻になり、発声から始まりました。

(指導:野上貴子先生)

発声の時間が終わったところで、昨日公表された新元号 “令和”の話題に…

 

(「合唱では…“唱和”、これです!」野上先生が、わざわざカメラに向かってポーズをしてくださいました。)

 

最初の曲「グレゴリオ聖歌」『オラショ』の練習が始まりました。

 

続いては、モーツァルト『戴冠式ミサ』です。

(指導:野上貴子先生 ピアノ:中谷友香先生)

 

 

 

写真を撮っている間にも、皆さんの歌声が変化していきます…。

 

ヴァチカンから世界へ 祈りの歌を・・・

まだまだ、募集を継続しています。お忙しい方でも参加しやすい最短4泊6日間のスケジュールです。

 

参加される方は、各自楽譜をご用意下さい。

・ベートーヴェン「交響曲第9番」Op.125 〔ベーレンライター版〕

・モーツァルト「戴冠式ミサ」ハ長調K.317〔Breitkopf版〕

※グレゴリオ聖歌「オラショ」の楽譜は練習会場にて配布いたします。

◆お問い合わせ・お申し込み

 大阪合唱団事務局  080−9170−6727

       ✉:chorus.osaka920@gmali.com 

3月マンスリーコンサート

「催花雨 (さいかう)」と呼ばれる、花の開花をうながす柔らかな雨降る夜、YOSHUホール「マンスリーコンサート」を開催いたしました。

「20世紀の夜明け フランス音楽の景色」にふさわしいプログラム・・・よく知られたシャンソン『あなたが欲しい』で開演。原題の「ジュ・トゥ・ヴー」でご存じの方もおられるでしょう。

 

“愛の国”フランスからお招きした、アンヌ・ロディエさんがフランスの薫りを携えて…。

(エリック・サティが1900年に作曲『あなたが欲しい』Mezzo Soprano:アンヌ ロディエさん Piano:青谷理子さん)

 

サティが作曲した中で、とくに人気がある歌曲の一つ『エンパイア劇場の歌姫』です。

(“YOSHUホールの歌姫” ?!  Soprano:熊本佳永さん Piano:青谷理子さん)

 

熊本さんとロディエさんが交互に登場するプログラム、続いては『永遠の夜』『梟ふくろう』『私のかわいいお人形』…セヴラックの作品です。彼は故郷の南フランスを活動の中心とし、『田舎の音楽家』と呼ばれていますが、アンヌ ロディエさんも彼の郷里にほど近い南フランスの出身なのだそうです。

(ドビュッシーが「彼の音楽はとても素敵な香りがする」とセヴラックを高く評しています)

 

ラヴェルがギリシャの民謡を素材に作曲をした「5つのギリシャ民謡」から3曲。

(第5曲目『愉快だ!』はラヴェル作品の中でも、とっても明るい音楽…楽しさが伝わってきます)

 

(フォーレの『ゆりかご』と、彼の代表作の一つ『夢の後に」。幻想的で美しい旋律は、歌曲として以外にも、ヴァイオリンやフルート、チェロでも演奏されています)

 

第1部の最後は、『花の二重唱』(ドリーブ)です。CMなどで耳にされた方も多いことでしょう。

(Soprano:熊本佳永さんと、Mezzo:アンヌ・ロディエさんのデュエットです。Piano:青谷理子さん)

 

第2部は、プーランクのオペラ「ティレジアスの乳房」から『いいえ、私の旦那様!』で始まりました。プログラムに対訳が挟み込まれていたので、内容がよくわかり、随所で笑いが起こります。

(鏡に映った右奥で合いの手を入れている方が見えるでしょうか)

陰で合いの手を入れておられた方は、今夜のスペシャルゲスト、水谷雅男先生です。

 

続いては、『ハバネラ』です。

ビゼーの歌劇「カルメン」において、“ドン・ホセ”を惑わす“カルメン”の歌う有名なアリアです。

途中、ロディエさんの歌に合わせて、客席からコーラスが聞こえてきました。

(ステージと客席がコラボレーションをするサプライズが!)

 

(クルト・ヴァイル『もう愛してないわ』。マグルの詩によるシャンソン。)

 

シャンソンのスタンダード曲、コスマ作曲の『枯葉』。

 

 

(プーランク『愛の小径』…悲しい歌であるのもかかわらず、ワルツのリズムに乗って歌う、とてもお洒落な曲です)

 

プログラム最後は、エディット・ピアフの代表曲、日本語では『薔薇色の人生』ですが、フランス語での『La Vie en rose(ラ・ヴィ・アン・ローズ)』でも名前が通っていますね。

アンコール曲は、今夜の主役、熊本佳永さん、アンヌ・ロディエさんお二人…Soprano&Mezzoのデュエットによる二重唱『美しい夜、おお恋の夜よ』です。

 

桜の開花だよりが届きだした、ここ大阪ですが、フランスでも、パリの公園に咲く桜の開花を心待ちにしておられるとか…音楽を聴いていると、フランスの風景と薫りに浸ることができました。

(Piano:青谷理子さん Soprano:熊本佳永さん Mezzo Soprano:アンヌ ロディエさん)

小玉晃の音楽学校

2018年度、最後の講座が始まりました。

「小玉晃の音楽学校」、当ホールでは2つの講座…「ヴォイストレーニング」と「みんなで歌うドイツの歌」を開講しておられます。

この日が今年度最後というので、講座の様子を覗のぞかせていただきました。

 

ずは、体を動かしながら発声の準備を行います。

 

「笑顔で犬の息…」「ゴルフボールが100m飛ぶくらい…」など、具体的でわかりやすい言葉と動き…小玉メソッドと呼ばれる目からウロコのヴォイストレーニングが続きます。

(小玉晃先生:ヴィーン国立音楽大学卒業。バリトン歌手、指揮者、ヴォイストレーナー…書ききれないほどの肩書をお持ちです)

 

小玉先生の動きと言葉に、受講生の方々の体が自然に動いていくようです。

 

 

(ソーメンを吸うように、うどんでは太すぎですよ…細かく具体的で的確な指示と動きで説明してくれます)

 

 

「ヴォイストレーニング」では、発声練習をした後、簡単な歌を歌います。

この日は、『すべての山に登れ』(THE SOUND OF MUSIC)です。

 

小玉先生は全身を使って出す指示に乗って、受講生の皆さんの歌声がホールに響き渡ります。

 

 

(指導の合間の笑顔に、受講生の方々は疲れを感じていないようです)

 

(ピアノ:吉井明美先生)

 

(皆さんが本当に気持ちよく歌っているのが目と耳から伝わってきます)

 

「小玉晃の音楽学校」、講座1に続いて2講座目「みんなで歌うドイツの歌」です。

 

(テキストは、フランツ・シューベルト『Frühlingsglaube』)

 

2講座から1つを選ぶことができるのですが、ほとんどの方が第1講座に続いて受講していました。

(ピアノ:吉井明美先生 小玉晃先生)

テキスト『Frühlingsglaube』は、シューベルトが1820年に書かれたもので、『春の信仰』『春の想い』などと訳されています。

もちろん、この講座で扱う歌詞は原語ドイツ語です。

 

親鳥がヒナに餌を与えるように、小玉先生がセンテンスを区切って発音し、皆がそれを真似ていくので、ドイツ語が読めなくても大丈夫です。

(ドイツ語の「オー」は、日本語と違って、こう…ここでもわかりやすく説明してくれました)

 

新しい2019年度がもうすぐ始まります。

《明るく愉しく…そして、いつの間にか音楽の深い世界へ》…一度体験してみませんか。

お問い合わせ:小玉晃の音楽学校

E-mail:liederkranz@zeus.eonet.ne.jp

電話:050-7124-5544  

オカリナ公開レッスン&ワークショップ

イタリアのオカリナ奏者、エミリアーノ・ベルナゴッツィ氏による「公開レッスン&ワークショップ」が行われました。

(中央右手:エミリアーノ・ベルナゴッツィ氏 オカリナ合奏団「テラ・トーノ」のメンバー)

 

ベルナゴッツィ氏は、オカリナの生みの親ドナーティーを中心としたオカリナ五重奏団のメンバーです。

(エミリアーノ・ベルナゴッツィ氏)

公開レッスンを受講するのは、主催者の小林理子さんが主宰する合奏団「テラ・トーノ」のメンバーや、応募された方々です。

(エミリアーノ・ベルナゴッツィ氏と、主催者の小林理子先生)

 

公開レッスンは、「テラ・トーノ」の演奏から始まりました。

(『ペルシャの市場にて』 指導・指揮:小林理子先生)

客席は超満員・・・オカリナ愛好家の方がいかに多いかを物語っています。

「ゆっくりできないものは、速くしてもダメ」「朝、間違えずに30回練習しましょう。昼、間違えずに30回。夜にも、夜中にも・・・」ユーモアを交える指導の中に厳しさも垣間見えます。

(パートや個人について、懇切ていねいにポイントを絞った指導が行われます)

 

ベルナゴッツィ氏はイタリア語で話されますが、豊かな表情を見ていると、言わんとする指摘がよくわかります。

(長くのばした音が下がると悲しくなります・・・)

 

グループだけではなく、個人レッスンも行われました。

(プッチーニ『ある晴れた日に』♭が6つも付いた楽譜を演奏しているそうです。楽譜を見ながら聴き入るベルナゴッツィ氏:右

 

(『FRATELLO SOLE SORELLA LUNA』 時には自分の楽器を取り出して模範演奏をする場面も)

 

オカリナの曲ではなく、日本古謡『さくら さくら』の演奏が登場しました。

(「トリルのあとは十分に伸ばすといいですね・・・」:『さくら さくら』)

 

オカリナ7重奏の演奏が続きます。

(オカリナ7重奏のレッスン風景。中央左:小林理子先生が通訳を。)

 

公開レッスンの最後は、参加者全員による演奏です。

(『FRATELLO SOLE SORELLA LUNA』指揮:小林理子先生 ピアノ:藤田紗登美さん)

 

(ピアノ:藤田紗登美さん

 

ベルナゴッツィ氏の演奏を間近で聴くことができました。

(『モンゴルの少女』他)

 

ベルナゴッツィ氏とパートナーのマルツィアさんの歌と演奏です。

(『マリア』他 歌:マルツィアさん)

 

途中休憩がなく、3時間を超える熱気を帯びた公開レッスンが終了しました。